お知らせinformation

【小児科】保育園・幼稚園・学校等での濃厚接触者に関する見解です。

お知らせ

学校、保育施設での感染者・PCR陽性者の増加に伴い、上記に関する問い合わせ、受診が増加しております。
学校、園、もしくは保健所からの指示がありますので、それに従っていただければよいのですが、わかりにくい場合もありますので見解を示します。
感染拡大でご心配されている方も多いと思います。どうしていいかわからないということでご連絡いただく場合も多いですので、やや長文になりますがご一読いただければ幸いです。

濃厚接触者の待機期間について – 新潟県ホームページ (niigata.lg.jp)

まず、待機期間については上記ホームページの記事をご参照ください。
また、濃厚接触者の定義についても厚生省の記事を参考に指示が与えられるものと考えておりますので厚生省のホームページの記事をご参照ください。

【登校・登園している施設で感染者が発生した場合の無症状の方へのPCR検査について】

濃厚接触者にあたるかどうかがポイントになります。濃厚接触者に関しては公費で無症状の方の検査を行っております。
公費で検査を行っている無症状の方は濃厚接触者に該当する方なので、検査の結果に関わらず、感染者との最終接触日から10日間の隔離期間が必要となります。
例えば、学校や園で感染者が確認された場合に学級閉鎖もしくは登園停止になるケースがあります。その際に、お子さんが濃厚接触者であるかどうか保留になっている場合があると思います。
このケースで症状がない場合は学校側から濃厚接触者であるかどうかの連絡を自宅待機のままお待ちいただくのが良いかと思います。自費で検査を行うことも可能ですが、その後濃厚接触者と判定された場合に隔離期間は変わらないためです。
認定後の検査で陰性であっても隔離期間は変わらず、無症状のままであれば、検査日ではなく最終接触日が起点となります。園や学校での状況は医療機関では細かくは把握できないため、おうちの方の話だけで濃厚接触者と判断することが難しいことをご理解ください。
職場によっては上記のケースで親御さんの出勤停止を求められるケースがあります。その際は職場の指示に従ってください。濃厚接触者にあたるかもしれないものが家族内にいるという状況での判断になると思います。
この判断も難しいとは思いますが、会社によっては児が無症状で、かつ親御さんのPCR検査(この場合は自費になります。)の結果(陰性確認)で出勤を許可する場合もあるようです。

濃厚接触者判定で検査を行いPCR陽性であった場合は、ご家族は保健所の指示(PCR検査後、1~2日後に連絡が来ます)に従っていただければと存じます。
PCR陰性であった場合は、隔離期間中自宅待機で、発熱などの症状がある場合連絡いただければこちらで対処いたします。場合により再検査することもあります。
濃厚接触者にあたる方は学校名、保育園・幼稚園名、などお伝えいただければと存じます。

【家族内に感染者がいる場合】

保健所から連絡が入り濃厚接触者にあたる旨、連絡があると思います。保健所の指示に従っていただければと存じます。
保健所からの連絡を待っている状態でも、症状がある場合は相談してください。

【濃厚接触者にはあたらないが発熱などの症状がある場合】

車内での診察を行いますが、ご家族に症状があるケースや発症のパターンなどを考慮して必要な検査を行う場合があります。
症状からコロナウイルス感染を疑う場合はCOVID19抗原検査を行い、結果陽性だった場合はPCR検査を行う場合があります。
当院かかりつけで経過を把握している方や重症度の高い方については状況により隔離室を案内いたします。

最後に、予約の方をできるだけ優先してお待たせしないように心がけておりますが、屋外での診療や新患の方のカルテ作成に思った以上に時間が必要なため、予防接種、健診等、看護師の介助が必要な診察の場合にお待たせすることがあり誠に申し訳ございません。
迅速に対応できますようスタッフ一同、工夫と努力を行っておりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

小児科 佐藤英利